伊藤ゆうこが目指す活動目標!

加美町の未来を考える。伊藤ゆうこからのメッセージ

「伊藤ゆうこ後援会事務所」と「女性を議会に送る会」の詳細

2015年01月09日

環境省から誠意ある回答はなし!

 加美町の質問に対する環境省の回答

指定廃棄物の市町村別保管量の正確なデータは?

  指定廃棄物の量は、以前の資料より、1000トン以上増加
  8000㏃以下の廃棄物の量は10.000トン以上減少

  合計で1,3196トン以上減少していた

最終処分場の埋め立て地のコンクリートの安全性は?
耐用年数100~200年の根拠は


 「200年経過したコンクリートはないが、小樽の防波堤は、100年経過しているが、十分強度を保っている」という回答であった。


                            ≪11/20質問書提出、12/8環境省より回答≫



同じカテゴリー(⇒ 伊藤ゆうこ通信)の記事画像
放射能汚染牧草
11月12日の記事
地域おこし協力隊の想いにふれる
3月6日の記事
子どもの”川遊び・木登りがしたい”の声、多数
8000㏃以下の廃棄物「一斉焼却」の再考を!
同じカテゴリー(⇒ 伊藤ゆうこ通信)の記事
 放射能汚染牧草 (2017-11-12 17:55)
 11月12日の記事 (2017-11-12 17:53)
 地域おこし協力隊の想いにふれる (2017-03-06 15:35)
 3月6日の記事 (2017-03-06 15:29)
 子どもの”川遊び・木登りがしたい”の声、多数 (2016-12-29 22:47)
 8000㏃以下の廃棄物「一斉焼却」の再考を! (2016-12-29 22:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
環境省から誠意ある回答はなし!
    コメント(0)